Q&A「プライバシーフィルムとは?」

 

プライバシーフィルムとは、上のイメージ画像のように、
液晶画面に映し出されているものを
左右あるいは上下から見えないようにする液晶保護フィルムです。

 

例えば電車に乗ってスマホを操作しているとき、
周りから見られているような気がして
いやな思いをしたことはありませんか?

 

そんな時にプライバシーフィルムは役立ちます。

 

角度にもよりますが、
電車で横に座っている人や前に立っている人から
ほとんど見えなくすることができます。

 

例で挙げたように、個人利用が多かったプライバシーフィルムですが、
ここ数年で違うシーンでも使用されるようになっています!
何点か例をご紹介します。

 

 

①医療機関

患者さんのカルテなどの個人情報を守り、
プライバシーを管理・保護するために使用されています。

 

 

②金融機関・ATM


暗証番号を打ち込むATMなどがあるため、
銀行などでもプライバシーフィルムが必要になってくるかもしれません。

 

 

③教育機関

近年ではタブレット端末を導入した授業や試験があるため、
覗き見防止に役立ちます。

 

 

④官公庁

昨年からマイナンバー制度の導入があり、より個人情報に関して注意が必要となりました。
ここ最近様々な機関でプライバシーフィルムが活用されています。
 


 
いかがでしたでしょうか?
近年では個人使用から様々な機関へマーケットが広がっています。

気になった方はお気軽にお問い合わせください!