Q&A「ゴムの使用温度って?」

 

ゴムの耐熱温度

ゴムは樹脂と違って熱硬化性なので、この温度を超えたら溶けてしまう…というような耐熱温度はありません。

※ゴムと樹脂の違いについては Q&A「ゴムと樹脂とエラストマーの違いって?」をご参照ください。

連続で使用した場合、すぐには溶けないが、時間が経つにつれて柔らかくなってしまったり、伸びてしまったり、ちぎれてしまったり、と物性が低下してしまう温度を耐熱限界温度としています。

また、それに対して連続使用が可能な温度を指す、耐熱安全温度というものもあります。


 

ゴムの耐寒温度

ゴムは低温になるにつれて硬くなります。

ガラス転移点以下の温度になるとガラス状の物質になり、ゴム特有の弾性が無くなってしまいます。

ゴムの物性が損なわれてしまう温度を耐寒温度としています。

 

ゴムの耐熱限界温度・耐熱安全温度・耐寒温度

 

耐熱限界温度(℃) 耐熱安全温度(℃) 耐寒温度(℃)
NR(天然ゴム) 120 60 -70
SBR(スチレンブタジエンゴム) 120 90 -60
BR(ブタジエンゴム) 120 90 -70
CR(クロロプレンゴム) 130 80 -55
NBR(ニトリルゴム) 130 90 -20
IIR(ブチルゴム) 150 80 -55
EPDM(エチレンプロピレンゴム) 150 130 -60
U(ウレタンゴム) 80 70 -60
Q(シリコーンゴム) 280 180 -120
FKM(フッ素ゴム) 300 260 -50

※この表はあくまで目安としての温度ですので、全てのゴムに当てはまるものではありません。
実際に使用する際はそれぞれのゴムの耐熱・耐寒温度をお確かめください。

 

ゴムに関するお問い合わせはこちらから↓↓