Q&A「ゴムの硬度の目安って?」

ゴムには硬度という硬さの指標があり、0度~90度の硬さに分類できます。

硬さを一般のモノに例えると 5度~10度くらいが人肌、30度~40度くらいが消しゴム、

60度~70度くらいが車のタイヤ、80度くらいがマウスのボールの硬さに近いと言われています。

 

 
この同じ形の硬度が違う製品を1つずつつぶしてみました。

80°、90°になると硬くてほとんどつぶれませんでした。

ゴムと言われて想像するような硬さは50°~70°くらいで、一般的にもこの硬度がよく使用されています。

 

 
 

ゴムの型さはJIS規格に基づいたデュロメーターという硬度計で測定します。(写真参照)

西山ケミックスではデュロメータ タイプAを用いて計測をしています。

 

ゴムについてお困り事がございましたら何なりとお問い合わせください。