Q&A「ゴムの試作方法って?」

 

意外と知られていないゴムの試作方法


ゴム製品を形にするには“金型”が必要不可欠です。

製品の形状にもよりますが、金型製作費用はかなり高額になる場合があります。
しかも金型は一度製作してしまうと、修正が難しいため、
失敗してしまうと一から金型をつくり直さなければなりません。

ですので、「金型をつくる前に形状を確認したい!」
というお問い合わせが結構あります。

今回はそんなお客様にご提案している
「意外と知られていないゴムの試作方法」をご紹介いたします。
 
 
 

その① 切削


切削加工機でゴムブロックから製作を削り出す加工方法です。
金型が必要なく、1個~製作可能です。

このような形が製作できます↓

 
 
 

その② ウォータージェット加工


 
 
 
 
 
 
 
水の噴流の運動エネルギーを利用してゴムシートを切断する加工方法です。
パッキンなど平型の製品であればこちらで加工できます。

このような形が製作できます↓

 
 
 

その③ 打ち抜き加工


トムソン刃型を使用してゴムシートを打ち抜く加工方法です。
ウォータージェット加工と似ていますが、こちらは量産にも向いている加工方法です。

このような形が製作できます↓

 


 
このように様々な加工方法がありますので、
量産の前に試作してみてはいかがでしょうか。

お問い合わせはこちら↓